2012年10月27日(土)

付喪堂骨董店〈7〉―“不思議”取り扱います 

付喪堂骨董店〈7〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店〈7〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
著者:御堂 彰彦
出版:アスキーメディアワークス
発行:2010/03

評価〔B+〕 3人の選んだ結末とは。
キーワード:骨董店、オカルト、連作短編集

それでは始めましょう。彼が忘れている……、いえ、彼の中で消されてしまった真実の物語を。(本文より抜粋)


6巻の終わりから続く大きなエピソードの後編です。

今までは他人が使うアンティークを付喪堂骨董店の3人が対処していましたが、今度は彼ら自身に関する、物語の中核となる話です。6巻を読んで感じた『ヴィジョン』への違和感、隠されていた重要な過去も明らかになります。

書評では構成が上手いと書かれることの多いこのシリーズ。その意味がやっと分かりました。でも、構成が上手いというよりは、最初からきちんと伏線を張っていると言ったほうが合うと思います。

咲の決断、都和子の決意、そして刻也の出した答えはどれも理解できます。最後は予想通りになりそうと思っていたら、意外な結末となったので少し驚きました。きちんと完結して良かったです。シリーズ全体の評価は、Bくらいですね。次回作は、もう少し斬新さや派手さが加わるといいなあ。



スポンサーサイト

[ 2012/10/27 21:29 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/455-6b9ddc49