2012年10月22日(月)

罪と罰9(アクションコミックス) 

罪と罰(9) (アクションコミックス)罪と罰(9) (アクションコミックス)
著者:落合 尚之
出版:双葉社
発行:2010/11/27

評価〔B〕 弥勒の決断は……
キーワード:シリアス、漫画化、

「お前の心が……、お前の心の底にあるものが………、お前にそれを教えてくれるだろう。すぐに分かるよ、ミロク」(本文より抜粋)


9巻の表紙は、首藤とエチカの二人です。弥勒に進むべき生き方を提示した彼と彼女。まるで弥勒の心中を表しているようで、緊迫感があります。

これ以上はないくらい重要な決断を前に、エチカと首藤は偶然にも出会ってしまいます。ともに弥勒に大きな影響を与えた二人は激しくぶつかり合います。そして、行動を起こす彼によって物語は終局へと突き進んでいきます。

首藤の言葉は、無視できそうだけれど無視できない、良くも悪くもどこか心を深く揺さぶります。だから弥勒もエチカも、そして読者も色々考えてしまうような気がします。

罪を取り戻す道か、欲望を肯定する道か。どのような結末をむかえるのか。最終巻でうまくまとめてくれることを願っています。


スポンサーサイト

[ 2012/10/22 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/453-9f985c3a