2012年10月09日(火)

アクセス(新潮文庫) 

アクセス (新潮文庫)アクセス (新潮文庫)
著者:誉田 哲也
出版:新潮社
発行:2007/01

評価〔C-〕 ぶつ切れ感があるのが、どうも……
キーワード:ネット、現代、サスペンス、ホラー

すぐ、画面には一杯の闇が広がった。登録した誰もが、最初はこの表示に戸惑っただろう。タイトルも何も出てこない、ただ黒い、闇。(第三章より抜粋)


ネットを使ったサスペンスものを探していたらたどり着いたのが本書です。

親友の死後、女子高生・可奈子に不気味な電話がかかってくるようになります。時を同じくして、彼女の従姉妹・雪乃にも不可解な出来事が起きます。誰かを紹介すれば、自分の携帯電話もネットも無料になるサイト「2mb.net」に登録した高校生たちには、様々な事件が発生していました。何が起きているのか、原因は2mb.netなのか、可奈子たちは降りかかる災難から逃れるため、事件解決へと行動をおこすサスペンスホラーです。

主要人物に高校生、題材にネットと今風の小説ですが、内容は順当と言いますか、あまり新鮮さは感じられませんでした。後半、あの場所とあの「のっぺらぼう」は怖いのですが、ただそれだけといった感じがしてあまり面白くはなかったかな。もう少し納得できる説明や設定があれば、感想も違ったのかもしれませんが。

最後の出来事には、ちょっと「おっ」と思いましたが、本書のもの足りなさを補うほどではありませんでした。各シーンを個別に見ると悪くないのに、全体としてみると、なんだか流れが悪いと思います。まとまりに欠けるのかな。人物の魅力でひきつけるのか、ストーリーの奇抜さを売りにするのか、怖さを追求するのか、どっちつかずのようになってしまっているようで残念です。



スポンサーサイト

[ 2012/10/09 21:44 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/449-249aa106