2012年09月30日(日)

ひぐらしのなく頃に 第二話 綿流し編 上(講談社BOX) 

ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~(上) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~(上) (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版:講談社
発行:2007/10/02

評価〔C+〕 日常の描写が長い……。
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

「あの……ごめんなさい。言いそびれちゃってたんですけど……私、園崎詩音なんです。……魅音は双子の姉なんです。」(本文より抜粋)


鬼隠し編に続いて2つ目は綿流し編です。続きものではありますが、鬼隠し編の終わりから再開するのではなく、時間を遡って前原圭一が雛見沢に馴染んできたあたりから始まります。

今回は新キャラ・園崎魅音の妹――詩音が登場します。魅音と詩音は一卵性双生児で、見かけはまったく同じですが、性格は違います。どう違うかは読んでのお楽しみということで。彼女の登場とともに物語は広がりを見せ、何が何だか分からないまま終わってしまった鬼隠し編とは違って、村の歴史など色々と明らかになっていきます。アニメを見てだいたい知っている者の印象としては、鬼隠し編が「恐怖」ならば、綿流しは「謎」と言ったところでしょうか。一番サスペンスっぽいかな。

上巻なので、話はまだゆっくりと展開してますが、どうも祭りが始まるまでの日常の部分が長いです。後半の非日常を引き立たせるため、そして必要なシーンも削れないことを差し引いても、冗長だと思いました。2つ目で主要人物の説明を割愛しているのだから、もう少し短くできるような……。

終盤のあの冒険は結構忘れていて、なかなかドキドキしました。いい味でてます。BOXカバーの後ろの絵に気づき、少々驚きつつ下巻を読むことにします。



スポンサーサイト

[ 2012/09/30 22:04 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/447-757a502c