2012年09月19日(水)

付喪堂骨董店〈6〉―“不思議”取り扱います 

付喪堂骨董店〈6〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店〈6〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
著者:御堂 彰彦
出版:アスキーメディアワークス
発行:2009/10

評価〔B〕 ついに過去が……。
キーワード:骨董店、オカルト、連作短編集

「もう一度言う。君の持つ『アンティーク』が必要だ。そして僕達は――」(第三章より抜粋)


付喪堂骨董店の人々と不思議な道具・アンティークのお話も6巻まできました。この巻もこれまでどおり4章構成ですが、4章とも全部繋がっています。区切りはありますが、流れのある大きな一つの話としてみたほうが良いと思います。

5巻で出てきた男女2人が再び現れます。アンティークの存在を知りつつも、数多く登場してきた人々のように力に溺れることのないように見える彼らは、何を考え何を思うのか? 彼と彼女の話はひと段落しますが、また後で登場しそうです。

後半は、ついに刻也と咲の出会いと過去の一部が明かされます。やっとか!と思いながら読みましたが、やはりこういう主要人物の過去が分かると良いですね。より人間らしさが出てきて。しかし、全てが明かされる訳ではなく、また新たな謎も発生しました。

次の7巻が最終巻です。都和子の過去も語られるのでしょうか? うまく綺麗にまとまることを願っています。



ネタばれはつづきにて。

【ここからネタばれ】
駿とのアンティークバトルが熱かった。複数の道具を使いこなしながら、まるでパズルのように相手を出し抜こうとする様が面白かったです。印象的だったのが『魔道書』です。アンティークの影響を操作できるこの道具は、かなり変わっていて面白いですね。強いのですが、相手がアンティークを持っていなければ役に立たないのが良いです。万能じゃつまらないし。

また、咲のアンティークと刻也のアンティーク、ヴィジョンについての記述はどこかしっくりきません。どこに違和感を感じるのか、見落としはないのか、次を読む前にもう一度4章を見直してみます。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2012/09/19 21:45 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/444-4c22afc1