2012年09月03日(月)

ひぐらしのなく頃に 第一話 ~鬼隠し編~(下) 

ひぐらしのなく頃に 第一話~鬼隠し編~(下) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に 第一話~鬼隠し編~(下) (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版:講談社
発行:2007/09/04

評価〔B+〕 がんばれ圭一。
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

俺は殺されない。…こんなわけもわからない内には…絶対に。(P94より抜粋)


鬼隠し編の下巻です。なにかが起こりつつも、事件の全貌がまったくつかめない圭一はどうするのか。本書の外箱シールにあるように、「前原圭一、孤軍奮戦」です。

圭一の主観のみで語られるので、他の人が何をしているのか分からず恐怖感ばかりが募ります。事件は一応収束しますが、はっきりした説明がなく終わるので不満が残るかと思います。でも、この不気味な雰囲気がサスペンスホラー的で結構好きです。ミステリーとしてはどうかなと思いますけど。

そういえば、圭一やレナ、魅音は中学生なのでしょうか、高校生なのでしょうか。作中では、まだ断言されていないと思うのですが……。先ほどウィキペディアで調べてみたら、中学生とのことです。そうだったんだ。

上巻も下巻もしおりが入っているのですが、その台詞が良いです。引用に使おうかと思ったくらい。良い味だしています。ちなみに、今回は「仲間ってのは隠し事なんかなしだろ? そうだろ!?」です。後の展開を知っていると、なるほどねぇと思うのです。

あとがきで、社会的に伝えたいメッセージを内包したとあります。このメッセージを今一度受け取るべく、次も読むつもりです。



スポンサーサイト

[ 2012/09/03 22:17 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/438-45e9ea76