FC2ブログ







2012年08月30日(木)

ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 上 

ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 上 (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 上 (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版:講談社
発行:2007/08/02

評価〔B-〕 はじめは結構ギャルゲーです。
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

「……嫌な事件だったね。…腕が一本、まだ見つかってないんだろ?」(P83より抜粋)


2002年から2006年にかけて発表された同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」を、作者が全面改稿し小説化した本です。ご存じない方に説明いたしますが、同人とは「同じ趣味や志をもった人、仲間ないし集団」のことを指し、ここでは自費製作・自費出版ぐらいの意味で使われています。だいぶ昔の作品ですね。読むのも今更って気もしますが、読みたくなったので。ちなみに、アニメ化も2006年にされています。ゲームは未プレイですが、アニメは全部観ました。

都会から引っ越してきた少年・前原圭一が、田舎の雛見沢村で生活をはじめたばかり。これから、この穏やかな村に馴染んでいこうとするのですが、ある事件が発生し、彼の人生は大きく変わっていきます。本作品は、○○編とあるように幾つかのエピソードから構成されています。今回の鬼隠しはその最初のエピソードです。連作ミステリー、もしくは連作サスペンスといったところでしょうか。最初の4つは「出題編」、後の4つは「ひぐらしのなく頃に解」と名前も変わって「解答編」になります。

まだまだ序盤なので、説明が多いです。アニメを見て粗筋を知っているだけに、何十ページもギャルゲーのような会話を読むのはなんかだるいです。さらっと流せなかったものか……いや、流してしまうと非日常の部分が引き立たなくなるから、仕方ないのかな。終盤になってやっと盛り上がってくるので、それまでは辛抱です。

大石のイラストがないので、小説から入ったかたは想像しにくいかと思います。こういう時は、アニメを見ていて良かったと感じます。外見も声も、頭の中ではアニメのあの感じで再生されるので。

事情を知っているので、あの人物のあの行動はああだったのかーなどと物語の裏を考えながら読んでいます。初見とは違いますが、これはこれで楽しめます。講談社BOXは値段が高いのが弱点ですね。下巻も続けて読みます。



スポンサーサイト




[ 2012/08/30 23:25 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/434-a55036f4