2012年08月22日(水)

壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか 

壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか (岩波新書)壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか (岩波新書)
著者:金子 雅臣
出版:岩波書店
発行:2006/02/21

評価〔A-〕 予想よりも深刻でした。
キーワード:セクシャル・ハラスメント、ドキュメンタリー、男女、

つまり、彼らは依然として、セクハラは女性の側に問題があって、その落ち度を言い立てれば、それでことが済むと考えているのである。(第4章より抜粋)


結構前のことになりますが、ある人から職場でセクハラ(のようなこと)をされて困っている話を聞いたことがあります。なんでも何回拒否しても諦めず、しつこくて精神的にまいってしまったと言っていて、自分が思っていたよりも大変な問題だと思い知ったのを覚えています。よく「魔が差した」と言われるセフハラですが、本当にそうなのでしょうか。本書は、公の労働相談窓口で働き多くのセクハラ問題を対処してきた著者が、加害者と被害者の両方の言い分から、問題はどこにあるのか、なぜ起きるのかを問うドキュメンタリーです。

筆者は「魔が差した、というようなものでは決してない」と断言しています。例として挙げられた事例を読むと分かるのですが、加害者は自分ではなく被害者が悪いと頑なに主張しているのです。セクハラが発覚すれば、加害者はすぐ謝罪するのかと思っていたのですが、実際は個人的な男女の恋愛であると弁解し、なぜ訴えられるのか理解できない人が多いようです。びっくりだ。

被害者が示す拒絶の言葉も、恋愛の駆け引きだと言って認めないのが大きな問題ですが、さらに職場での立場を利用して弱い立場の被害者に迫る、俗に言うパワー・ハラスメントも含んだ社会問題であることが分かります。加えて、つい最近まで社会が男性の性の放埓さに寛容だったことも、加害者の行き過ぎた行為を悪化させる原因となっているのも見逃せません。

自分の家族とうまくいっていないことや配偶者では満たされない欲求が、加害者を罪へとつき動かしているのは分からなくもないのですが、それを拒否している被害者にぶつけるのは間違っています。男性優位社会が終わり、社会人として男性も女性も平等であること認識しない限り、問題は解決しません。セフハラで訴えれられた人々は、「女性は職場の華」の時代は自覚すべきです。

セクハラをする男としない男についても書かれていますが、少々分かりづらかったかも。グループ分けしても程度の差でしかないなど。読解力の問題か。

加害者・被害者両方の言い分を載せた良い本でした。女性が読むには辛いかもしれませんが……。もしかしたら自分も加害者になるかもしれないので、そうならないよう気をつけねばと思います。自分はまったく関係ないと思っている人こそ、既に加害者になっているかもしれませんので、社会問題を知るためにも是非ご一読を。




スポンサーサイト

[ 2012/08/22 21:30 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/430-53bbd680