FC2ブログ







2012年07月29日(日)

「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール 

「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)
著者:藤沢 晃治
出版:講談社
発行:2002/10/23

評価〔B〕 より良き意思疎通のために
キーワード:説明、話し方、プレゼンテーション

あなたが説明するときは、聞き手を「お客様」と考えてください。それが分かりやすい説明の第一歩です。(第1章より抜粋)


何回説明してもらっても要領を得ず、理解するのに苦労する人もいれば、一回の説明で完結に分かりやすく伝えてくれる人もいます。両者の違いは一体何なのでしょうか。意思疎通のためのポイントをおさえて、話し上手または説明上手になるための実用書です。

ひとつひとつのポイントは短く、身近な例も使っているので、どれも難しいことはありません。「要点を先に言え」「説明もれを防げ」などのコツを教えてくれます。中でも、長くあいまいな文章を使わず、重複や無駄を省いた説明にする「情報構造を浮かび上がらせろ」が勉強になりました。こうした技術は、話し方のみならず文章を書く時にも役立つものです。また、次のポイントにいく直前には、まとめとしてルールが箇条書きとなっていて、読者の立場にたつ姿勢が見られて良いです。

しかし、普段から注意している当たり前のことも書かれていて、全て効果的で有用な技術とは言い切れません。このあたりは、その人の現時点での話す技術のレベルによるので、なんともいえませんが。そして、15個あるポイントの解説の順序は、あまり考えていないように思います。基礎と応用に区別していますが、ややバラバラ、あっちこっち飛ぶ感じです。

話し方・他者との意思疎通は公的な場でも私生活でも非常に重要です。誤解を避け、明確に考えや思いを伝えるため、こうした本を読むのもよいかもしれません。


スポンサーサイト

[ 2012/07/29 21:07 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/423-e36e4fa3