FC2ブログ







2012年07月05日(木)

無限の住人28 

無限の住人(28) (アフタヌーンKC)無限の住人(28) (アフタヌーンKC)
著者:沙村 広明
出版:講談社
発行:2011/10/21

評価〔B〕 ついに集う役者たち
キーワード:時代劇、江戸時代、不死

「いや……そもそもこの場に他人の罪を責められる人間など、ただの一人も居はしない」(本文より抜粋)


退場者を多く出した激闘の27巻の続きです。六鬼編もそろそろ終盤でしょうか。

吐率いる六鬼団一行は那珂湊へ到着します。主要人物たちが勢揃し、最後の一大決戦となりそうです。水戸路での戦闘で負けたほうの勢力は大きくそがれ、これでだいぶ最後が見えてきたかなーと思っていたのですが、終盤で同時に始まった3つの戦いを見ると、予想していたよりも随分緊迫した状況になりました。

2つ目の組み合わせは、どう見てもすぐに決着がつきそうな感じです。全然バランスが取れていません。吐殿の戦力配置ミスか?また、3つ目の組み合わせは、見るのを待ち望んでいた方も多いと思います。

最後かもしれないので、盛り上がり納得のいくようなものとなるといいですね。



スポンサーサイト




[ 2012/07/05 19:35 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/415-717ef1ba