2012年09月03日(月)

2012年8月の読書メモ 

エスニシティ ゼロワン2〔B〕
お嬢さん(角川文庫)〔B〕
売れるデザインの発想法〔C〕
ネクログ1〔C+〕
[映]アムリタ〔B+〕

壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか〔A-〕
付喪堂骨董店〈5〉―“不思議”取り扱います〔C+〕
罪と罰7(アクションコミックス)〔B+〕
人はなぜ怒るのか〔B〕
ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 上〔B-〕


ちょっとお知らせ、またはお詫びまたは訂正があります。8月の6冊目は付喪堂5ではなく、「壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか」で、評価はA-です。更新日時は、アムリタと付喪堂5の間です。感想を書いたのにアップロードするの忘れていました。読者メーターのほうは、きちんと更新したのに。10冊読んだのに、9冊しか感想がなくてびっくりしました。

ネットの青空文庫で、太宰の「女学生」や「走れメロス」なども再読していました。メロスは久しぶりに読みましたが、やはり友人を置いていくのは酷いんじゃないのかな~、と思うのです。

評価が辛いような気もしますが、読んだ直後の感想を素直に記録していきます。



スポンサーサイト

[ 2012/09/03 22:11 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/413-df2e9adc