2012年06月29日(金)

退出ゲーム(角川文庫) 

退出ゲーム (角川文庫)退出ゲーム (角川文庫)
著者:初野 晴
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2010/07/24

評価〔B+〕 青春ありユーモアあり謎解きあり
キーワード:青春、謎解き、コミカル、恋愛、

「聡が遺したパズルで、これだけがどうしても解けないの」(本文より抜粋)


部員の少ない弱小吹奏楽部に入部した、フルート担当の穂村チカと、彼女の幼なじみで同部員の上条ハルタに大小様々な出来事が起きる青春ミステリです。

雰囲気は明るくコミカルです。主に日常の謎を扱っていて、部室から消えた劇薬の行方を追ったかと思えば、演劇部と即興劇対決をし、また、誰も知らない謎の色を考えたり、解けないパズルに挑戦したりもします。幅広く感じました。時折、重いところもあって、軽いと物足りなく感じる人も満足すると思います。学園ものとして手に取ったのですが、謎もテーマも予想よりしっかりしていました。ちょくちょく入る吹奏楽のネタも面白いです。

題名にもなっている『退出ゲーム』はよくできたゲームだと思います。演技がうまい人や頭の回転が速い人が実演したら、かなり面白いものが見られそうです。見てみたい。

チカの恋愛が前面に出過ぎていないのが良かったです。あまり主張が激しいと違う種類の小説になってしまうからね。本書は“ハルチカ”シリーズの一冊目だそうで、既に続編が出版されています。コミカルで適度に重いこの感覚で、次も読みたいです。



スポンサーサイト

[ 2012/06/29 18:55 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/411-787aff7d