2012年06月10日(日)

笑えぬ童子~108の業~1 

笑えぬ童子~108の業~1(ゼノンコミックス)笑えぬ童子~108の業~1(ゼノンコミックス)
著者:真野 真
出版:徳間書店
発行:2011/03/22

評価〔B〕 幸か不幸か運命の二択
キーワード:オカルト、現代、人生、

「私は座敷童子。そなたの不幸を払う者。」(本文より抜粋)


しばらくの間、童子をドウジと勘違いしていました。正しくはわらし、座敷わらしのわらしです。不幸にして殺された赤ん坊、すなわち座敷童子が成仏するために108つの煩悩を集めるというお話で、一話完結のオムニバス形式となっています。

人の煩悩に触れるため、不幸に直面した人間に“不幸の宿替え”を持ち掛けます。彼もしくは彼女は、打って変わって運に恵まれ幸せな人生を得るのですが、それは代わりに誰かが不幸になることで成り立つのを知ります。自分の幸福を選ぶのか、他人の幸福を選ぶのか。各話の主人公が決断する時の緊張感が良いです。

不幸を取り扱っているので、どうしても暗くシリアスになりがちです。こういった閉塞感のある不幸は、読んでいて気持ちが沈み辛くなってきますね。『エンマ』など似たような漫画がありますが、それらよりも深刻な雰囲気を強く感じました。

このタイプにはめずらしく、巻末には本編とは違った選択をしたらという別バージョンが収録されています。それはそれで、ははぁなるほどねと感慨深いです。

108の業(カルマ)とありますが、3巻で完結なので全部の業は見られないでしょう。それでも色々な欲に関するエピソードを見せてくれると思います。



スポンサーサイト

[ 2012/06/10 18:42 ] 漫画 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/404-dc512021


まとめtyaiました【笑えぬ童子~108の業~1】

笑えぬ童子~108の業~1(ゼノンコミックス)著者:真野 真出版:徳間書店発行:2011/03/22評価〔B〕 幸か不幸か運命の二択キーワード:オカルト、現代、人生、「私は座敷童子。そなたの不幸を払う者。」(本文より抜粋)しばらくの間、童子をドウジと勘違いしていました。正...
[2012/06/11 01:27] URL まとめwoネタ速neo