FC2ブログ







2008年08月31日(日)

数学ガール/フェルマーの最終定理 

数学ガール/フェルマーの最終定理数学ガール/フェルマーの最終定理

著者:結城 浩
出版:ソフトバンククリエイティブ
発行:2008/07/30

評価〔S〕 こんな数学の講義を聴きたかった
キーワード:数学、ライトノベル風、フェルマーの最終定理

星を数える人と星座を描く人、お兄ちゃんはどっち?(本文より抜粋)


この本の発売を知ったとき、かなり喜びました。また数学ガールが読めるのか、しかも題材がフェルマーの最終定理で!と。フェルマーの最終定理は、350年以上の間、誰も解けなかった超難問です。少しだけこの証明に関する記述を読んでみたことがあるのですが、すぐ分からないところがでてきて止めてしまいました。もう少し平易に書かれた読み物はないかなーと思っていただけに、嬉しいです。

内容は、前回の『数学ガール』と同様、高校生の主人公「僕」と才媛ミルカさん、後輩のテトラちゃん、そして新キャラである「僕」の従妹であるユーリを加えた4人で、数学の問題を解いていく物語です。ライトノベル風の本格数学書とでも呼べばいいのでしょうか。ライトノベルのような形を取っていますが、取り扱う問題はなぞなぞのようなものから高校数学レベルを越えたものまで様々です。だんだん難しくなりますが、そこは前回のテトラの役どころである中学生のユーリとともに解説を聴けば、全く分からないということもないでしょう。ユーリの「分からない」の台詞は助けになります。

前回もそうだったのですが、解説の仕方が大変上手です。式を整理するところも丁寧ですし、理解が深まるように同じ問題を違う面から捉えてみるのも素晴らしいです。どれも決して易しくないし数式も多くでてくるのに、読者が投げ出さないように説明しているのは凄い理解力だと思います。

原始ピタゴラス数、互いに素、オイラーの公式と複素数面は知っていたけれど理解が浅かったこともあって興味深かったです。無限降下法は、以前読んだものでは途中の式計算がとびとびだったので分かったような分からないような感じだったのですが、はっきりと理解することができました。逆に集合論とフェルマーの最終定理はかなりあやしいので、紙に書きながら自分で追ってみたいと思っています。

評価をSにしようかA++にしようかかなり悩みました。前作と比較すると、さすがに二作目なので新鮮さではかないませんが、質はかなり高いので最高評価のSをつけることにしました。まだSをつけたことなかったので、これが初Sってことで。うーん、それにしても、できれば登場人物と同じ高校生のころ読みたかったなあ。学問の面白さはこうして教わったり教えたりしたいものです。



スポンサーサイト

[ 2008/08/31 19:09 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/40-103082f7