2012年05月02日(水)

ゲーデルの哲学 

ゲーデルの哲学 (講談社現代新書)ゲーデルの哲学 (講談社現代新書)
著者:高橋 昌一郎
出版:講談社
発行:1999/08/20

評価〔B+〕 それでもやはり難しいです
キーワード:論理学、不完全性定理、哲学、伝記

ゲーデルは、不完全性定理によって人間理性の限界を明らかにしながら、人間理性そのものを疑うことはなく、世界は合理的に進歩すると信じていた。(はじめにより抜粋)


アリストテレス以来の最大の論理学者、もしくはそれ以上の逸材と評され、二十四歳の若さで不完全性定理を証明したクルト・ゲーデル。彼の残した証明や論理を解説すると同時に、あまり知られていない彼の人間性や哲学を明らかにします。半分は初心者向けの説明、半分はゲーデルの人生を振り返る伝記のような感じです。同著者の『理性の限界』を読んで興味を持ちました。

不完全性定理をパズルやアナロジー(比喩的表現)を使って分かりやすく説明していて、まったく馴染みのない方でも大まかなイメージはつかめるようになっていますが、やはり元の理論が難解なだけに完全に理解するのは難しいと思います。また、『理性の限界』にある記述もあるので、個人的にはそれほど新鮮味はありませんでした。

神の存在論は、相変わらず禅問答のようで分かったような分からないような気分になりました。ただ、それらの証明は唯一神を対象としているみたいで、そのあたりはキリスト教(または一神教)の影響かなーと思ったりもします。それ以外にも人間機械論やランダム性について書かれています。ランダム性はようやく少し分かった、ような気がします。

中盤の伝記では、論理を重視し内気で頑固だったゲーデルの内面を垣間見ることができます。仲の良かったアインシュタインと散歩をするのが好きだったと書かれています。二人の天才はどのような会話をしたのか興味がわきます。意外と普通の世間話だったのでしょうか。それに、アインシュタインもそうですが周囲が有名な人ばかりなのが凄いですね。現代コンピュータの基礎を作ったフォン・ノイマン、言語哲学のウィトゲンシュタイン、現代数学の父・ダフィット・ヒルベルト……。特にノイマンは、「二十世紀最高の知性」と呼ばれるたびに、それは自分ではなくゲーデルだと返答していたことから、ゲーデルがいかに桁外れの才能を持っていたかが分かります。

不完全性定理も神の存在論も難解で、特に後者のゲーデルの存在論的証明はイメージをつかむことすら困難です。初心者にも分かるようにとありますが、本当に予備知識0の人が読んでも理解できるのでしょうか……。理解は本当に大まかな部分だけにとどめ、ゲーデルの伝記を読んでいると割り切れば良い本だと思います。



スポンサーサイト

[ 2012/05/02 23:14 ] 心理・哲学 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/390-df9d446a


まとめtyaiました【ゲーデルの哲学】

ゲーデルの哲学 (講談社現代新書)著者:高橋 昌一郎出版:講談社発行:1999/08/20評価〔B+〕 それでもやはり難しいですキーワード:論理学、不完全性定理、哲学、伝記ゲーデルは、不完全性定理によって人間理性の限界を明らかにしながら、人間理性そのものを疑うことはな?...
[2012/05/06 02:41] URL まとめwoネタ速neo