2012年02月25日(土)

罪と罰5(アクションコミックス) 

罪と罰(5) (アクションコミックス)罪と罰(5) (アクションコミックス)
著者:落合 尚之
出版社:双葉社
出版日:2009/03/28

評価〔B+〕 病院での出会い
キーワード:シリアス、漫画化、

「そうとも……俺の奥さんはそりゃあかわいいよ……。だから飲まずにいられないんだよ…………!」(本文より抜粋)


首藤と弥勒の過去が終わり、病院で目を覚ましたところから始まります。3巻の最後でほんの少しだけ登場した女性・飴屋英知香と、彼女の夫・菊夫が、弥勒と関わってきます。

4巻で過去編が終わったかと思ったら、偶然同室となって知り合った飴屋夫婦の回想シーンが始まり、最初は「またか」と少々うんざりしかけていたのですが、あまりに壮絶な内容で飽きたりだれたりはしませんでした。途中までは可能性のありそうな話ですが、英知香の屋上の決断は……うーん。

病院から出てきた弥勒がある人物と会い、その人物が彼の生き方を変えるよう説得するシーンがあります。彼にとっては痛烈な言葉ですが、周囲を現実的に認識した意見です。彼の葛藤は続きます。

終盤に大きな出来事が起きます。これが弥勒にどう影響を与えていくのか、今後に注目です。予告ページを見る限りでは話が進展しそうなので楽しみです。



スポンサーサイト

[ 2012/02/25 11:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/368-836f1702