2012年02月29日(水)

銃・病原菌・鉄(下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫) 

文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
著者:ジャレド・ダイアモンド
出版社:草思社
出版日:2012/02/02

評価〔A〕 時代が下った後の話と局所的な歴史
キーワード:文明、格差、食糧生産、家畜、文字、発明

技術に対する革新性や保守性を、その社会がどの大陸にあるかで決めることは正しくない。革新的な社会や保守的な社会は、どの大陸にも、どの時代にも存在する。また、技術に対する社会的受容性は、同じ地域において、常に同じであるわけではない。(第13章より抜粋)


なぜそれぞれの文明で大きな差がついてしまったのか、その理由を探求する読み物です。引き続き多方面の研究結果から考察しています。

上巻で究極の原因を明かしてしまったようなものなので、何が原因なんだろうとワクワクする気持ちは少なくなってしまいましたが、それでも十分面白いです。第12章の文字と第13章の発明については、今までとは別の話題のようですが、上巻での食糧生産の流れと関係していて、大きな繋がりが見えてきます。19世紀に作られたチェロキー語の誕生までの経緯が、とても興味深いです。

15章からは少し視野を狭め、局地的に文明の発達を考察しています。ニューギニア、オーストラリア、中国、アフリカなどなど。他の地域と隔離されていなく、交流もあったのに発展しなかったニューギニアとオーストラリアの話がこの中では一番印象深かったかな。上巻の感想でも書きましたが、原書では日本の章もあるようで、このあたりの一章として書かれたのではないでしょうか。ああ、間違った記述でも読んでみたかったなあ、この著者の日本文明分析。

下巻は上巻を裏づける内容・記述が多いので、上巻に比べると衝撃度や新鮮さはありません。それでも知的好奇心を刺激してくれる楽しい読み物だと思います。エピローグでは中世以降、どうして中国ではなくヨーロッパが覇権を握ったのかが書かれていますが、イスラム世界も交えてもっと詳しく書いて欲しかったです。

余談ではありますが、この本を読んでいるとパソコンの文明シミュレーションゲーム・シヴィライゼーションを遊びたくなります。あのゲームも文化交流の面で、本書の正しさを示していると思いますよ。

上下巻とも冗長さを感じますが、この厚い本をじっくり読むと、論拠となる数多くの研究結果を丹念に調べ上げていることが分かります。歴史に興味ない方も、こういう題材だったら興味を持ってくれそうな気がします。面白かったです。




スポンサーサイト

[ 2012/02/29 22:56 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/367-79c073eb