FC2ブログ







2012年01月28日(土)

付喪堂骨董店〈2〉―“不思議”取り扱います 

付喪堂骨董店〈2〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店〈2〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
著者:御堂 彰彦
出版:メディアワークス
発行:2007/06

評価〔B-〕 アンティークに人生を左右される人々
キーワード:骨董店、オカルト、連作短編集

「それは防音だからよ。でも『明鏡』は違う。音を遮断するのよ」(本文より抜粋)


不思議な力を持つ道具・アンティークにまつわる悲劇あるいは喜劇の短編集です。一話完結で4話収録。前回に引き続き、付喪堂骨董店~FAKE~の面々が様々な出来事に遭遇します。

音を消し去る鏡、人間をコピーするマスクと不思議な道具が出てきますが、いずれも大きく人生を変える可能性があるものです。便利ですが危険でもあります。動機は何であれ、アンティークに深入りしすぎたあるいは虜となってしまった人々の未来は、順風満帆とは言えないでしょう。道具ではなく使用者次第。

全体的に1巻と同じような感じです。捻ってはいますが、衝撃的だったということもありませんでした。少しだけあの人の過去をにおわせた場面もありましたが、あれだけではちょっと不満です。もう少し何か欲しかった。意表を突かれたのは、「化粧」で咲がドアを開けた時の刻也の発言です。言われた時の咲の顔が見てみたい。

今回出た人物では、「死目」に登場する麗華が印象深いです。なかなか強烈な個性を発揮しています。

口絵の右5人の中央の人物は誰なんでしょうか。都和子?そういや彼女は今回も影が薄かったです。メインの3人のひとりなのだから、もう少し出番があっても良いよね。咲、刻也の過去と共に次の巻以降に期待です。



スポンサーサイト




[ 2012/01/28 18:02 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/359-9a07d37f