2011年11月23日(水)

人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 

人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 (文春新書 (074))人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 (文春新書 (074))
著者:根本 橘夫
出版:文藝春秋
発行:1999/11

評価〔B+〕 気にすんな行動しろってことですか。
キーワード:心理学、人間関係、人生観、

人と接するのがつらいという性格を変えることにエネルギーを費やすのではなく、ただ素直に自分であることに関心とエネルギーを向け直すことです。(はじめにより抜粋)


いや、辛いというほどでもないんですが、気後れすると言いますか気疲れすると言いますか、どこか気が進まない時もあるようなってやっぱりこれはつらいってことなんですかね。そうゆう訳で本書です。この本を手にするような人には、レジに持って行きづらい題名です。後から気がついたのですが、「なぜ自信が持てないのか」を書いたのと同じ著者です。

前半は原因究明に重点が置かれ、具体的解決策は後半に書かれています。幼年期の経験が元になって人間関係が苦手になることは、他の本でも似たような論を読んだので少々退屈でしたが、相手との精神的位置を考慮する相補交流や無意識に行動を束縛する禁止令、役割を演じるゲームの概念は共感・理解しやすく良いです。

解決手段として性格改善を挙げる本がありますが、本書は性格を変えることを勧めていません。体験から困難なことを知っているからです。そのかわり、苦しまずにすむ方法が紹介されています。社会的価値の観点でみない、はは良い考え方だと思います。見栄を張らず思い込みを捨て、素直に好きなことをしてみることを薦めていて、この意見には賛成です。

読書中、イライラするようなジリジリするような落ち着かない気分でした。これは不快に思いながらも、分析されているようなことに自覚があったからだと思います。一回読んで終わりにせず、また読み返します。



スポンサーサイト

[ 2011/11/23 17:45 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/331-374d5c90