2011年11月06日(日)

英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語 

英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語 (中公新書)英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語 (中公新書)
著者:斎藤 兆史
出版:中央公論新社
発行:2000/05

評価〔B-〕 方法ではなく情熱と姿勢がすごい
キーワード:英語、近代、伝記、

欧米の英語がまだ絶対的な規範として仰がれていた時代に、『ロミオをジュリエット』を演じる英国人の役者に向かって、「てめえたちの英語はなっちゃいねえ」と英語で一喝した日本人がいた。(第3章より抜粋)


日本の社会では英語は重要だと言われていて、社会人になっても習得に励んでいる方もたくさんいますが、調査によると日本人の英語力はとても低いそうです。日本人は語学に向いていないのでしょうか?しかし、昔の日本にも英語を母国語とする人と同じくらい、あるいはそれ以上に英語を知り操る人々がいました。そんな達人たちの勉強方法と一生を紹介しています。

基本的に日本にいながらにして英語力を身につけた人物が挙げられています。しかし、紹介する人数が10人と多く、どうしても簡略化された説明になりがちなので、面白みに欠けるところがあります。また、彼らの学習方法から学ぶと書かれていますが、その語学力は尋常でない努力と天与の才で得たものが多く、参考になるのかどうか疑問です。

けれど、達人たちの英語に関する逸話は興味深いです。英語でからかわれても、機転を利かせて英語でやり返してしまうのは凄いです。外交や教育など英語以外にも目的のあった彼らは、なんとしても目的を達成させる気概があったからこそ、達人になりえたのだと思います。著者の受験英語の何が悪いのかと書いているのも、こういう人達を見ていると一理あると感じます。

言語習得において、初歩の段階では英語がうまいと言われ、支障がなくなるにつれ何も言われなくなるそうです。また、日本人が英語を学習する場合、ある程度英語ができるようになると英国・米国的な思考に変化しますが、さらに習得するとまた日本人的な思考に戻るそうです。興味深いですね。

結びに著者は、英語を学ぶ際に欧米文化に従属するのではなく日本と日本語についてもしっかり学び、日本人の英語の意味を問いかけています。達人たちの真似をすることは難しいですが、外国語を学ぶときは肝に銘じておくべきだと感じました。



スポンサーサイト

[ 2011/11/06 14:54 ] 言語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/326-e8289e6f