2011年11月03日(木)

死神様に最期のお願いを3 

死神様に最期のお願いを 3 (ガンガンコミックスJOKER)死神様に最期のお願いを 3 (ガンガンコミックスJOKER)
著者:山口 ミコト
出版:スクウェア・エニックス
発行:2010/12/22

評価〔B〕 ヒビキの出番少なし
キーワード:死神、サスペンス、ホラー、オカルト

「ゲームと言ってもTVゲームとかじゃなくて…、本物の死神様が関係するゲームなの」(本文より抜粋)


2巻で終わらなかった北条紅羽の事件が終結します。静かはいつものように用意周到で、周囲の人や状況に対してうまく処理しています。敵対する側だったらさぞやりづらい相手です。また、この事件に関しては最後の最後まで解決策を用意していて、なるほどと感心してしまいます。その様子は巻末の「北条姉妹その後」をご覧ください。

地上勤務の死神たちの仕事ぶりが分かるお話があり、中休みのような感じですが一息つけます。ヨシノの特殊能力にはびっくりですが、ウメのそれは死神としてどうなんでしょうか。地上勤務も頷けるような……。

終盤、正体不明の死神様ゲームに話が移ります。死神が願いを叶えてくれるとネットで噂されるこのゲーム、誰がどのような意図で行っているのか、その謎に挑みます。サスペンスホラーの色が濃く好みです。

カバーを外して読むおまけは前の巻でもそうでしたが、一度読み終えてから確認しましょう。主役のはずのヒビキは出番がほとんどなかったので、次の4巻でがんばってもらいたいです。4巻で完結なので、1巻からの謎だった相田家殺人事件の全貌が明らかになるのを願っています。「北条姉妹その後」もきっちり方がつくと良いね。



スポンサーサイト

[ 2011/11/03 22:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/325-48b0c549