FC2ブログ







2011年09月28日(水)

ファウスト〈2〉(新潮文庫) 

ファウスト〈2〉 (新潮文庫)ファウスト〈2〉 (新潮文庫)
著者:ゲーテ
出版:新潮社
発行:1968/02

評価〔D+〕 メフィストとの契約の結末
キーワード:古典、ドイツ文学、ファウスト伝説

メフィストーフェレス「(観客に向かって)われわれは所詮、自分で作ったものに縋るのですな。」(P162より抜粋)


二部構成の後半、第二部です。悪魔と契約をし、世の中の面白さや素晴らしさの探求を続けるファウスト。1部のように、思うがまま欲望のままに世界を回ります。

宮廷、冥府、異国の地ギリシャと1部以上にあちこちに舞台が飛びます。グレートヒェンの話を続けるのかと思ったら、あっさり流されていてちょっと戸惑いました。現実的な場面もあればファンタジーのような箇所もあり、飽きさせないつくりになっていると感じました。

相変わらずメフィストはファウストの要望に応えるべく奮闘し、悪魔というよりもむしろ人間のようです。話の展開よりも、多種多様な登場人物たちのちょっとした台詞が目を引きました。

しかし、神話や歴史に明るくないと楽しめなかったり、ときどき説明不足であったりして、やはり1部と同じで十分に楽しめたとは言えません。長編だったせいもあって、どうにか無理やり読みきったと言ったところです。結末は、まあ予想の範囲内でした。ちょっと話はずれるのですが、新潮社の古典作品は、裏表紙におおまかな粗筋が結末まで書いてあるので、良いような悪いような……。

1回でファウストを理解したとは思っていないので、また読む意欲が沸いてきたら再読してみます。




スポンサーサイト

[ 2011/09/28 18:28 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/303-43071b36