FC2ブログ







2008年01月10日(木)

妹は思春期10 

妹は思春期 10 (10) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期 10 (10) (ヤングマガジンコミックス)

著者:氏家卜全
出版:講談社
発行:2008/01

評価〔C〕 思わせ振りなところがいい
キーワード:4コマ漫画・ギャグ・下ネタ・学校

普通の会話をしていたハズなのに、またしてもエロい内容になってしまった。(本文より抜粋)


記念すべき1冊目が下ネタ中心のギャグ4コマ漫画なのはどうかなと思ったのですが、今年初めて購入した本ですし、これも何かの縁と思って感想を書きたいと思います。

「妹は思春期」は10巻で最終巻。漫画は単行本で読む派なので、今回で最終巻だと本に付いている帯で初めて知りました。だから帯にも表紙にも金色を使っているのかも。最終巻でしたけれど、内容はいつもどおりでした。ミホの出番が多く、金城の出番が少なかったです。

この漫画を未読の方のために紹介しますと、2人暮らしをしている普通の高校生の兄妹、城島シンジと城島カナミ。妹のカナミは出来た子ですが、なにかとエッチなことばかり考えたり言ったりしています。そのエロボケ妹に友達や先生まで加わり、さらに会話はエロい方向へ……といった感じです。こう書くと敬遠する人がいると思いますが、御心配なく。卑猥な言葉ばかり出てくる割りに、直接的なイヤラシイ表現は皆無なためか、意外にさっぱり読むことができます。この本の帯にも「まったりエッチ、なにげにサワヤカ」とありますしね。

下ネタばかりで飽きてもおかしくないのに、最後まで飽きさせず続いたのは凄いと思います。新キャラや新しいオチを出すタイミングがうまいんだよね。例えば、あぁこのパターンは見飽きたな~思い始めたあたりで、違うパターンに変えるとか。好きだったのは城島兄妹の会話、そしてマナカとエーコがらみのギャグです。どれもそうなのですが、くだらない、しかし笑えるくだらなさが良かったです。どのキャラも外見はまともなんだけどねえ。ボケキャラの中では、中学生なのにカナミと同レベルのエーコや、妄想にとどまらず実行しているショーコが、主人公のカナミを上回っていたと思います。カナミはただ単に猥談が好きなだけのようにもみえます。結構恥ずかしがったりしていますので。

各回のはじめのページの右半分、タイトルロゴの下に描かれたキャラのイラストが好きでした。デフォルメあり、4コマではあまり見られない適当でない全身像あり。あの部分だけ見ていると下ネタ中心の漫画にはみえないなあ。

ネットで誰かが面白いけど人には(恥ずかしくて)薦められない漫画と書いていました。非常に的確だと思います。この漫画の初期の頃、POPに『おすすめ!』と書いて推していた本屋さんに感謝。あのお試し読みが無ければ読むこともなかったでしょう。これで最後かと思うと残念ですが、無理に続けるよりはよっぽど良いと思います。今まで笑わせてくれてありがとう!
スポンサーサイト

[ 2008/01/10 22:53 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/3-3b3c8567