2011年09月02日(金)

死神様に最期のお願いを2 

死神様に最期のお願いを 2 (ガンガンコミックスJOKER)死神様に最期のお願いを 2 (ガンガンコミックスJOKER)
著者:山口 ミコト
出版:スクウェア・エニックス
発行:2010/08/21

評価〔B〕 新たな最後の願い
キーワード:死神、サスペンス、ホラー、オカルト

「北条白羽、あんたの“最期の願い”は何?」(本文より抜粋)


生きている人間と死者、そして死神たちが、様々な死に関わっていく物語。裏をかくのが上手い漫画でもあります。

1巻の懸案事項であった静と響の処遇は、一応決着がつきます。まぁ結果は予想通りだった訳ですが、それにいたる過程がやはりこの漫画らしくて良かったかと。最初は読んでいて少々混乱しました。著者が表紙折り返しで書いているように、一番性質が悪いのは静でしょう。

人間が不満を持ったまま死ぬと悪霊になってしまう、それを防ぐため願いをかなえてあげる“最期の願い”は、今後もストーリーの重要な核となっていきそうです。死神のお話ではなく、死に直面した人の願いのお話ということでしょうか。

ただ1巻より意表をつく展開は少なかったのが、少し残念です。次の巻では、また1巻のように驚くような演出が多いことを期待します。


スポンサーサイト

[ 2011/09/02 21:03 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/294-fa9bac9c