FC2ブログ







2011年07月30日(土)

キノの旅10 

キノの旅〈10〉the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅〈10〉the Beautiful World (電撃文庫)
著者:時雨沢 恵一
出版:メディアワークス
発行:2006/10

評価〔C+〕 長編は賛否両論です。
キーワード:連作短編集、旅、人生、問題提起、

「聞かれたことに、正直に答えてしまっていいんですか?」(第一話より抜粋)


十代半ばの若者キノが、喋るモトラド(二輪車)・エルメスと共に様々な国を渡り歩く物語です。1つの国につき1話となっています。ある程度はどこから読んでも大丈夫です。それでも1巻から読んだほうが良いでしょう。度々登場する人物たちの出会いや過去が分かっていたほうが、より楽しめるでしょうから。

行く先々で変わった習慣、独特な価値観と出会えます。時には面白おかしく、時には社会批判や問題提起のように書かれているのが特徴です。キノは基本は傍観者です。皮肉っぽいのが多めかな。どのような感じかは読んでのお楽しみです。

それにしても久しぶりに読みました。前回9巻を読んだのを思い出せないくらいです。このブログを検索しても見つからないので、少なくとも3年半以上は読んでいません。で、久しぶりに読んでみた感想は、やはり面白いです。「インタビューの国」なんかは実にこのシリーズらしくて良いですね。しかし、本書の半分を占める「歌姫のいる国」は、好みではありませんでした。また、短編の切りの良さに比べると、少々だらだらしたところがあるように感じて残念でした。

読後、8巻と9巻を読み返したのですが、それらに比べると少し落ちると思います。特に「歌姫のいる国」を8巻の「船の国」と比較してしまうと。なので、楽しんだのですが評価はC+あたりで。




スポンサーサイト

[ 2011/07/30 21:40 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/281-44c7830d