FC2ブログ







2008年05月26日(月)

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか 

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))
著者:城 繁幸
出版:筑摩書房
発行:2008/03

評価〔A-〕 新しい仕事観とは
キーワード:仕事、若者問題、雇用

彼らから見れば、僕も昭和の生き物らしい。時代は変わったのだ。(第二章より抜粋)


大卒の新入社員の約3割が3年以内に最初の職場を離れる御時世、そうして辞めていった人達はその後どこで何をしているのか。また同業他社で働いているのか、独立して働いているのか、それともまったく違う道を歩んでいるのか。そんな彼らのその後の生き方を紹介すると共に、現代の若者雇用を論じた本です。

光文社新書からでている同著者の作品「若者はなぜ3年で辞めるのか?」を読んで、面白かったのでこの本も読んでみることにしました。実例が豊富なのがいいなーと思ってね。僕も彼らと同じ「辞めた若者」なので、どんなことが書かれているのかどんな人生がかかれているのか、とても興味がありました。

紹介されている会社を辞めた人達は、勤めていた会社の構造や終身雇用・年功序列制度に対して不満を持ち、良くも悪くも「高学歴で大企業、最初は何でもやります、年を取るにつれて給料があがり定年まで安泰」の人生に向かない人です。この価値観を著者は昭和的価値観と呼び、世代間の格差と歪んだ雇用状況を生んだ原因であると説いています。野望があったり協調性がなかったり有能すぎたりすると確かに年功序列は合わないよね。

そこで著者は新たな価値観・多様性(平成的価値観)を勧めています。今まで良しとされてきたレールの歩む生き方以外にも道はあると。また賃金について、今までの職能給でなく、職務給すべきだと述べています。他の先進国のように個人と組織が契約を結び、年齢は仕事と関係なく、同じ難度の仕事をしたら同じ給料という訳です。

様々な体験談を通して様々な人生観に触れることができたのは良かったです。また今まで当たり前とされてきた会社のシステムの短所もよく理解できたと思います。概ね賛成です。しかし、頑なに年功序列を守ろうとする人々には受け入れがたいものです。転職も珍しいことでなくなりましたが、日本企業の人事部では転職者に対して良いイメージは持っていません。そのため著者の意見に賛成だが、躊躇している人もいると思います。また、雇用状況が上向いてきたここ数年、実力主義よりも終身雇用を好む新卒者が多くとの話もあります。社会が新しく生まれ変わるのは難しいとは思いますが、画一的な社会でなく、各々が自分の力で歩む平成的価値観がもっと浸透すればいいなと思います。



スポンサーサイト

[ 2008/05/26 23:43 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/28-ea24006c