2011年06月29日(水)

超能力番組を10倍楽しむ本 

超能力番組を10倍楽しむ本超能力番組を10倍楽しむ本
著者:山本 弘
出版:楽工社
発行:2007/03

評価〔B+〕 子供向けですが騙されやすい大人にも
キーワード:超能力、オカルト、超心理学、

「テレビで見るだけじゃ、本物かどうか断定するのはむずかしいってことね」(第1章より抜粋)


地下鉄サリン事件の後、しばらくはオカルト番組は自粛していたようですが、数年前からスピリチュアルや幽霊の番組が見かけるようになりました。本書は、それらと同じ分野で、かつては流行していた超能力番組の真相について書かれています。中を見るとすぐ子供向けと分かりますが、内容は大人が読んでも十分楽しめると思います。まぁ10倍は誇張ですけど。

素直ですが知識のない中学生2人の勇馬と夕帆が、夕帆のパパに質問する形となっています。一見、信じてしまいそうになりますが番組の数々ですが、映像を細かく検証すると穴が見えてきます。トリックは手品に精通している人ならば見破れるのですが、巧妙な番組の編集はなかなか分かりません。しかし、登場人物の著書を読み、番組外での実験結果も調べると、番組では隠されていたものが見えてきます。特に第6章のFBI超能力捜査官では、実際に現地を取材し徹底的に検証しているのは、頭が下がります。すごい。

この手の本を読んだのは初めてではないので、衝撃的ってほどではなかったのですが、改めてテレビの言うことは簡単に信じないほうが良いと感じました。もし、この類の本がこれが初めてでしたら、評価S-くらいかもしれません。それにしても、プロジェクト・アルファは本当に良い教訓だと思います。番組にももっとマジシャン呼ぼうよ。

オカルト番組は好きなので見るほうですが、やはり誠実に科学的に実験をしてもらいたいものです。出演者も製作側も。さっき文を書いていて気づいたのですが、勇馬と夕帆はUMAとUFOが由来なのでは? だとしたら、著者もだいぶオカルト好きだよね。




スポンサーサイト

[ 2011/06/29 20:29 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/275-c0a97978