2011年04月26日(火)

罪と罰2(アクションコミックス) 

罪と罰 2 (アクションコミックス)罪と罰 2 (アクションコミックス)
著者:落合 尚之
出版:双葉社
発行:2007/11/28

評価〔B〕 弥勒の計画の行方は
キーワード:シリアス、漫画化、

お前の良心に訊いている。それは、悪いことか?(本文より抜粋)


援助交際グループの女子高生ヒカルの存在を知った裁弥勒。彼は彼女を調べるにつれ、心はどんどん極端な方向に傾いていき、ついにある計画を思い立ちます。果たして、彼は計画を実行に移すのか否か。

1巻同様、圧迫感があり重苦しい雰囲気が続きます。前回にまして弥勒の心の内にせまり、後半では話が一気に動きだします。そのスピード感は緊張感のせいもあってか、読んでいた時間は短いのですが疲れを感じました。そして、彼にとって予想外の出来事が起きます。物語が動いている中で2巻が終わるので、あの後、弥勒がどう動くのか気になります。あの終わり方だと、あまり好ましくない展開になりそうな……。

彼の計画は、どうなっていくのでしょうか。次でひと段落しそうなので、初めから読むのでしたら、一気に3巻まで読んでも良さそうです。


スポンサーサイト

[ 2011/04/26 21:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/258-0bd83f85