2011年04月14日(木)

死神様に最期のお願いを1 

死神様に最期のお願いを 1 (ガンガンコミックス)死神様に最期のお願いを 1 (ガンガンコミックス)
著者:山口 ミコト
出版:スクウェア・エニックス
発行:2010/03/20

評価〔B+〕 よく裏をかく漫画です
キーワード:死神、サスペンス、ホラー、オカルト

「最後の食事は知らないけど、“最期の願い”ならあるわよ。」(本文より抜粋)


悪魔が現れて、魂と引き換えに願いかなえてやろう、という話はよくありますよね。しかし、この漫画は少し違っていて、死神がもうじき死ぬ人間の願いをひとつだけかなえてあげます。それがタイトルにもある「最期の願い」です。

主役は2人の兄妹、死刑判決を受けた兄・相田静と死神となった妹・相田響です。死神がモチーフの作品は、死神が目標となるの生き方を見届ける物語が多いと思いますが、本書はそれと違ってサスペンス風に始まります。可愛らしい絵柄に反して、悲惨で衝撃的なシーンが多々あって意外でした。それと、身の危険と人の異常な面と、2つの異なる恐怖が混在していて、絵柄との落差が怖さを引き立てます。

一方、この雰囲気ならこうくるだろうというこちらの読みを上手く外してくるので、意外性があり面白いです。一言で今までの流れを壊してしまうのが凄い。迫力あるなあ。

漫画としての完成度がすごく高い……とは言えませんが、無難なストーリーでないのは確かで引きつけられます。死神なので当然死を扱いますので、人によって好みは分かれそうですが、結構好みです。このままだとすぐ終わってしまいそうな展開ですが、現時点で3巻まで出ていて完結もしていないようなので、ホッとしました。



スポンサーサイト

[ 2011/04/14 22:46 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/254-ac31447a