2011年04月09日(土)

神栖麗奈は此処にいる 

神栖麗奈は此処にいる (電撃文庫)神栖麗奈は此処にいる (電撃文庫)
著者:御影 瑛路
出版:メディアワークス
発行:2005/12

評価〔B+〕 不思議な怖さがあるラノベ。
キーワード:サスペンス、ホラー、学園、

神栖麗奈は微笑する。この世にあり得ないぐらい美しい笑みで。(三章P216より抜粋)


4人の登場人物から見た神栖麗奈という少女に関する物語です。ある人物にとっては親友、ある人にとっては仇、またある人にとっては仲間と、様々な面を持つ彼女は一体何者なのか? 一人称で書かれた4つの章に分かれていて、各章の主人公たちは彼女と会い話すことで、展開していきます。ジャンルとしてはサスペンス・ホラーあたりでしょうか。分類が難しいです。

心の暗いところが物語の核心になっているので、明るくはありません。暗い展開が好きな人向け。サスペンス風になっていくので、段々怖さを感じていきますが引き込まれます。血や刃物のような恐怖ではなく、婉曲的な類のものです。しかし、読んだ後にも何か残るような面白さもありました。恐怖と面白さのどちらの印象が強いかは、性格にもよりそうです。

最初の章の結末は予想範囲内だったのですが、次の章、また次の章と読み進めていくうちに、段々と分からなくなっていきます。人型エネルギーで世界が、と某が言い出した時は、「あれ?ブギーポップ読んでたんだっけ?」と少々戸惑ったくらいです。同著者の「空ろの箱」でもそうでしたが、展開を大きく変えて読者の読みを外すのが得意みたい。

読後も何度か読み返したのは、自分で思っているよりも気に入っている可能性が高いです。続き・下巻に相当する「神栖麗奈は此処に散る」があるので、そちらも読もうと思っています。




ネタばれ疑問点は続きにて。


【ここからネタばれ】
4章で和亮が言った2番目の条件「麗奈と美人のイメージが同じである」は、少しおかしいと思います。写真の麗奈を見た後に、麗奈と出会うなら分かります。でも、写真を見る前から美人の麗奈に会うのは、順番としておかしいのではないでしょうか? 名前だけしか知らないなら、容姿も年齢も人によってバラバラになるはずだと思うんだけど。このあたりの謎は、続編の「此処に散る」で明らかになるのかな? なると良いなあ。

また、これを読んで彼女に会ってしまう人は出てくるのでしょうか。いないとは言いきれないところが、この作品の怖いところです。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2011/04/09 18:55 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/251-319b1f04