2011年03月29日(火)

鬼灯さん家のアネキ1 

鬼灯さん家のアネキ (1) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-1)鬼灯さん家のアネキ (1) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-1)
著者:五十嵐 藍
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2010/07/04

評価〔B+〕 あやうい感情を上手く笑いに
キーワード:ギャグ、兄弟姉妹、

「そして今日も弟想いのお姉ちゃんによる、ゆかいな日々が続くのでした」(本文より抜粋)


弟が姉に対して恋愛感情を抱いていると書くと、どのような内容を想像しますか? 文学作品なら禁断の愛や近親相姦など非常に重いイメージがありますが、本書はそのようなことはありません。基本的にギャグ漫画ですし、なによりこの姉弟は血がつながってません。姉のハルが弟である吾朗をイタズラしてからかうのですが、弟は血のつながりのないことを過度に意識してしまうところに面白さがあります。それに、吾朗の場合は恋愛よりはシスターコンプレックスのような感じなので、気軽に笑って読むことができます。

日常系ギャグなのでこれといった展開はなく、ハルが吾朗を弄ぶシーンが多いです。徐々に2人の友人やクラスメイトが登場し幅が出てきますが、基本路線は変わりません。かなりサディスティック。姉萌えな方々には受けがよさそうです。一方、あやういけれど深く重い展開にはならないので、それを期待している方にはまったくオススメできません。

ハルの友人・美咲や吾朗とクラスメイト・水野、そしてなにより最後に登場するある人物によって、このギャグ漫画はただの姉萌え漫画では終わりません。その出来事は読んでのお楽しみ。終盤の「なんか違う」と最後の回が良いですね。脇役では吾朗と水野の会話が好き。水野とお友達になりたいです。

ときどき4コマではなく1ページ漫画になっている点も、変化があって良いです。どのギャグもお腹を抱えて笑うほどではないけれど、十分面白いと思います。実の姉がいる人がこの漫画を読んだら、いったいどう思うんでしょうか? 感想を聞いてみたいですね。



ネタばれ感想はつづきにて。

ネタばれ感想を格納してみました。

【ここからネタばれ】
既に書きましたが、楓が登場するしないでは大きな差があります。
兄弟姉妹に恋愛感情を持つことに対して、楓の感想は至極まともです。この暗黙の了解を、登場人物の口から読者に伝えているのが新しく意外で面白いです。作者の作品に対する自分突っ込みのようで興味深い。
それと気になったのですが、楓には「姉さん」でハルには「姉貴」。これって普通逆じゃないんですか? 血のつながりのないハルには気を使って「姉さん」と呼びそうなものだけど……。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2011/03/29 22:39 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/247-8e4cdda0