2011年02月24日(木)

罪と罰1(アクションコミックス) 

罪と罰 1 (アクションコミックス)罪と罰 1 (アクションコミックス)
著者:落合 尚之
出版:双葉社
発行:2007/07/03

評価〔B〕 重く暗く深刻な漫画です
キーワード:シリアス、漫画化、

僕の心に「計画」の種子が宿ったのはこの時だった。(第3話より抜粋)


ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの代表作「罪と罰」を漫画化したものです。小説をそのままそっくり漫画にしたのではなく、原作の大筋を残し、現代の日本に合うように作り直した作品。モチーフ?オマージュ?そんな感じです。

大学に行かず部屋にひきこもる裁弥勒(たちみろく)は、援助交際をする女子高生リサとヒカルと偶然出会います。弥勒は2人の状況を知るにつれ、ある計画が心に浮かび、そのことで苦悩していきます。まず言えることは、とにかく暗くて重いです。現代の社会問題が強調され、読み進めていくのが辛いのですが、それでも引き込まれ先を読みたくなる面白さがあります。面白いと表現するのは躊躇われますが、先が知りたくなるのです。それに加えて、緊迫感もあります。まだまだ序章で問題の計画も実行されていないにも関わらず、ずっと張り詰めた空気の中にいるような感覚を覚えます。

弥勒自身も自覚していますが、ヒカルの大物ぶりが凄いです。でも、彼女があのような極端な人物だからこそ、話が引き立ち、深刻さも増しているんだと思います。1巻の最後で計画がどういうものか分かるのですが、次はもっと重くなりそうです。裏表紙の穏やかさは一体……。

原作は未読で、粗筋も途中までしか知らないので、最後はどうなるのか分からないのですが、予定調和ではなくしっかりと終わりまで描ききって欲しいです。現時点で9巻まで出ていますが、評価も良いみたいなので一安心。ゆっくりじっくり読んでいきたい作品です。




スポンサーサイト

[ 2011/02/24 20:58 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/239-bddc198f