2011年01月29日(土)

夏の前日1 

夏の前日 1 (アフタヌーンKC)夏の前日 1 (アフタヌーンKC)
著者:吉田 基已
出版:講談社
発行:2010/02/05

評価〔B〕 年上女と年下男の恋愛模様
キーワード:恋愛、芸大、絵描き、和服、

クソッなんなんだ。ちょっといい女だからって調子にのるなよ、藍沢晶……。年下からかうのがそんなに面白いかよ!(本文より抜粋)


芸術大学洋画科の学生・青木哲生と、彼のアルバイト先で知り合った藍沢晶の恋愛を描いた漫画です。絵に情熱を傾ける年下男性と和服が似合う年上女性の恋が主題となっているようです。

特徴はなんと言ってもその独特の雰囲気、落ち着いたしっとりした空気です。男女が急接近する展開も良いのですが、やはり絵から発しているかのような情緒的で懐古的なところが良いですね。意外といってはなんですが、官能的な場面もしっかり描かれていて、絵のためか一層艶っぽく感じました。扇情的。一方、晶に溺れる哲生が初々しいし、年上らしさが時々なくなる晶も可愛らしいです。年下男と年上女の互いに対する心情が上手く描写されていると感じました。

ただ、平穏無事な始まりではなく、哲生と同じ大学にいるひまわりの女の子の動向が懸念されます。このまま彼女が絡まないまま終わる、なんてことはないと思うので。荒れそう。題名を夏の日ではなく、夏の前日としているのも気になります。

この調子でしっとりとじっくりと進んでいってほしいです。こういう恋愛を真っ向から描いた漫画は久しぶりに読んだかもしれません。なかなか良い感じです。




スポンサーサイト

[ 2011/01/29 21:37 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/233-68e0b692