FC2ブログ







2008年04月30日(水)

おもいで―二宮ひかる短編集 

おもいで―二宮ひかる短編集 (ヤングキングコミックス)おもいで―二宮ひかる短編集 (ヤングキングコミックス)
著者:二宮 ひかる
出版:少年画報社
発行:2007/06/28

評価〔C〕 あーだこーだ悩む姿が好き
キーワード:短編集、恋愛

いいえ、そもそも何て声をかけたら…(本文より抜粋)


テーマは「年下の男の子(と年上の女の子)」の恋愛もの短編集です。この前に読んだ二宮ひかるの作品はベイビーリーフだったと思うから、久しぶりだなあ。

連作でない短編集なので、学校でのちょっとしたやりとりや、大人になってから昔を思い返すもの、などいくつかの違ったタイプの話が混在していますが、うまく味がでていると思いました。明るいものもいいのですが、やはりどことなく陰のある、心の弱さを描いた暗めの話のほうが上手いと思います。表題の「おもいで」は3話ぶんある中編のような構成で、内面の変化をきちんと追っていて、まさにそういう話です。

登場人物は女性のほうが幅広く描けているといいますか、性格がバラけていて面白いです。男性はどちらかというと頼りなく、芯の強さを感じることはあまりないです。女性のほうが強く前向きなのは、やまむらはじめの漫画と似ています。二宮ひかるの描く女性の主人公は、あまり社交的でなく友達も多くはなさそうなイメージがあります。良くも悪くも。

青年誌の漫画なので性的なシーンもあるのですが、効果的に、過度にいやらしくなく自然に話に組み込まれているのは感心します。いつもながら。

でも、もう少し何か変わった話があっても良かったと思います。そのあたりは次回作に期待です。


スポンサーサイト




[ 2008/04/30 18:41 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/23-feb12f05