2010年11月30日(火)

現実入門―ほんとにみんなこんなことを? 

現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)
著者:穂村 弘
出版:光文社
発行:2009/02

評価〔B〕 経験も悪くないです。
キーワード:体験エッセイ、現代、人生、

そう、私は経験値が低い。「家を買う」というような大きなことから「髪型」を変えるような小さなことまで、「万引」のような悪いことから「お年玉をあげる」ような良いことまで、現実内体験というものが大きく欠けているのだ。(「現実だな、現実って感じ」より抜粋)


人生何でも経験だ、なんてことを良く言われます。何でも、というのは言い過ぎだと思うのですが、確かに失敗も後になって役に立つこともあるので、なかなか説得力があります。経験という言葉はあまり好きではないけれど。本書では、その人生における様々な経験が極端に少ない「ほむらさん」が、出版社の編集者「サクマさん」と共に未経験のことに挑戦する体験エッセイです。

色々と挑戦するとあったので、好奇心旺盛な人かと思っていたのですが、内向的で空想好きでスローペースなので結構親近感を持ちながら読みました。年を取るにつれ、初めてのことなんて珍しくなりましたが、あの初めてのことに直面した時の戸惑いや恐れ、期待が入り混じった感情を、上手く表現できているような気がします。全然関係ないことを考えこんでしまったりね。

読者メーターには、本ででいていることは献血以外未経験と書きましたが、僕はアカスリはしたことないけれどスーパー銭湯には行ったことがありますし、競馬の馬券は買ったことないけれど競馬場には行ったことがあります。半端な経験です。……なんか経験自体を忘れているような気もしますが、何にしても経験値は低いです。また、読んでいるときムームーなる単語が出てきて戸惑いました。気になったので、読後に検索。なるほど、ハワイのドレスなのか。

【ここからネタばれ】
結婚について。結局何が本当なの?と少々混乱しつつ検索をかけたりWIKIで調べてみると、本書が発行した当時に既に結婚している模様。「あとがきにかえて」にあるように、どうやらサクマさんは存在しないようです。読者が作者を笑っていると思ったら、逆に手玉に取られていたようで、結構面白い仕かけですね。
【ネタばれここまで】

最後に捻りもあって、ただの体験記で終わらないところがにくいです。読者を飽きさせないといいますが、詳しくは書きませんがまさに虚虚実実でした。肩の力を抜いて読むのに適しています。久しぶりにエッセイ読んだな。楽しく読めました。



スポンサーサイト

[ 2010/11/30 18:42 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/214-d63598ae