2010年11月06日(土)

空の下屋根の中2 

空の下屋根の中 (2) (まんがタイムKRコミックス)空の下屋根の中 (2) (まんがタイムKRコミックス)
著者:双見 酔
出版:芳文社
発行:2010/05/27

評価〔B+〕 日常系ではなくて現実系4コマ
キーワード:4コマ、ニート、無職、現代

よく考えたら、バイトと就職の違いって、あんまりよく知らない(本文より抜粋)


ニートというか就職というかお仕事探求4コマの2巻です。なんと、この巻で最終巻です。早いですね。しかし、内容を考えると、あまり延ばしても良くないのかな。でも冗長になるよりはずっと良いです。

その主人公の香奈絵ですが、前の巻で無事ニートを脱出し働き始めたのですが、また自分の立場に悩み始めます。そして働きながら、再び仕事を探し始めることになります。周りの意見も十分理解できますが、香奈絵の本音もかなり共感できるんだよなー。やりたい事はないけれど、やりたくない事はたくさん、とかね。結構、働くことについて考えさせられます。終盤の面接での彼女の答えに感心してしまいました。ラストも綺麗にまとまり、読後感も良かったです。

さて、幕間にあるもう1つの漫画、ニート男性のほうも巻末で一応終わります。が、あの終わり方なら別に載せなくても良かったのでは……。個人的には、1巻の時点ではあまり悪いとは思っていなかったんですが。なにか味のある幕切れになるのかな、と思っていたのに。せめて本編終了後の直後に持ってこないで欲しかったです。

自分にとっての働くこととは何か?を探す、緩くて共感できる4コマでした。良くある言い方ですが、働くことに少し意欲と勇気をもえらる良い漫画です。




スポンサーサイト

[ 2010/11/06 22:24 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/209-9ae8540f