2010年10月30日(土)

ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎 

ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎 (幻冬舎新書)ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎 (幻冬舎新書)
著者:田沼 靖一
出版:幻冬舎
発行:2010/07

評価〔A-〕 細胞死研究から見えてくるもの
キーワード:細胞、生物学、アポトーシス、死生観、

「死の科学」では、これまでは生きていることを「生」の視点からしか見てこなかったところに、まったく逆の「死」から見る、という発想の転換を起こしました。(まえがきより抜粋)


アポトーシスという言葉があります。ギリシャ語で「落ちる(falling)」と「離れる(off)」という意味で、細胞の死に方の一種、遺伝子によって支配された細胞の自死を指します。つまり、細胞にはプログラムされた死が存在するのです。題名のどうしては、なぜではなくどのようにしてを指しています。理由ではなくメカニズムのことです。その死の謎を調べることで分かってきた生物学と医療品開発の最先端を紹介し、さらに死の科学を踏まえた進化・性そして新たな死生観を述べています。

死や細胞など硬く難解そうな単語が数多く登場しますが、内容は読みやすく分かりやすく、まったく生物学を知らなくても読めるのではないでしょうか。アポトーシスやテロメア等の専門用語は既に知っていて衝撃的ではありませんでしたが、理解があやふやな点が多かったので、本書で改善されたのは良かったです。また、アポトーシス研究を難病の治療法に応用する試みや、ゲノム解析を利用した医薬品開発であるゲノム創薬は、最前線の研究者でなければ書けない事項です。アポトーシスの研究はまだ日が浅いし、ゲノム解析は利用が始まったばかりなんですね。素人でも知ることができるのが嬉しいです。

しかし、本書で強く関心を惹かれたのが第6章の「死の科学」が教えてくれること、です。遺伝子に組み込まれた死の存在から生命進化と性について考察し、最後は死の意味、著者の死生観を述べています。生物学から冷静に着実に論じていくので、冷たい感じはしますがなるほどと唸ってしまいます。なぜ死ぬのかという問いに対して、生きているから死ぬと答えをよく耳にしますけれど、その説明よりは科学的な意見な気がします。利他的な遺伝子は興味深いですね。

もう少しページ数を増やして終盤を充実させて欲しかったのですが、それは贅沢なのかな。アポトーシスを知らないで読んでいたら、凄く鮮烈で電撃的な本だったでしょう。評価Sくらい。でも、それを差し引いても、知的探究心を満たしてくれる面白い本でした。




スポンサーサイト

[ 2010/10/30 18:42 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/207-1a21ee44