2010年09月29日(水)

さがしもの 

さがしもの (新潮文庫)さがしもの (新潮文庫)
著者:角田 光代
出版:新潮社
発行:2008/10/28

評価〔B〕 本と人との交際話
キーワード:短編集、本、

そうして、本を読むのは、そのような行為のなかで、もっとも特殊に個人的であると、私は思っている。そう、だれかと一対一で交際をするほどに。(あとがきエッセイより抜粋)


本をテーマにした9つの物語からなる短編集です。本にまつわる、著者の言葉を借りるならば、本との付き合いや本との交際のお話。本に本のことが書かれているのはちょっと変わった感じです。本書は、2005年5月に出版された「この本が、世界に存在することに」を改題したものです。また、2010年の「新潮文庫の100冊」のうちの一冊です。

人との出会いが人それぞれであるように、本書に書かれた本とのエピソードは十人十色です。思わぬところで再会を果たしたり、長い間捜し求めたり、人生を変えるものであったりと、本の内容そのものとは別に心に残る想いと繋がっているものがあります。あぁ、この本を買った時は貧乏だったなぁとか、あの本に出会ったおかげで人生が決まったんだっけとか、そういう記憶や思い出のようなもの。よく読書したり本を読むのが好きだったりすれば、きっと分かるのではないでしょうか。

各エピソードはインパクトのあるものではありませんでしたが、じわじわと心にしみます。読んでいるときよりも、読み終わったあとの余韻が強く、色々想うところがありました。余情が溢れるとでも言うのでしょうか、読後感は良かったです。

あとがきエッセイ・交際履歴に読んだときによって感想の変わる本がでてきますが、こういう本は本当に良い本なんだと思います。僕も子供の頃に読んだ古典や名作ってちっとも面白くなかったなあ。今また読んだら、やはり感想は変わるんでしょうか。読んでみようかな。




スポンサーサイト

[ 2010/09/29 21:53 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/198-e63cdc0f