2010年07月31日(土)

脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める 

脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)
著者:築山 節
出版:日本放送出版協会
発行:2008/04

評価〔A〕 心や思考がまとまらない時に
キーワード:SF、現代

こういう時代は、脳を活かして自分を飛躍させていくチャンスでもあると思いますが、世の中、そんなに強い人ばかりではありません。思考と気持ちの整理が上手くできず、やる気を失ったり、パニック状態に陥ったりしがちな人も多いのではないでしょうか。(はじめにより抜粋)


最近は一昔前にくらべて、時代の流れが早くなり得られる情報も格段に多くなりました。脳神経の専門医である著者は、情報化社会・競争社会で生きていく中で、思考が混乱したり心の整理がつかなくて不安になる人も多くなってきていると説き、その対策として書かれたのが本書です。

気持ちを整理し意欲を高め、脳を整理し問題解決に役立てる具体策が書かれていますが、どれも簡潔で分かりやすく、すぐ実行できそうなものばかりです。各項目の最後にはまとめとして再度2行くらいで要点が挙げていて、後で見直す時に重宝するでしょう。

思考よりも気持ち・感情の整理術のほうが、自分には参考になりました。「5歩先に解決がある問題の1歩目を見つける」や、未来に作業を割り振る「その日・その時の私」などが印象的。「社会的な脳」で不快を解消するのは難しそうです……。これらの具体策は、人によっては既に知っていたり実践していたりする点が、本書の弱いところかな。それと、飛躍的に能力が向上するわけではないのでご注意を。

最後に待つことの重要さに触れていることでも分かるように、全体的に著者の心の広さみたいなものを感じました。ビジネス書のように強すぎる前向きさがないのが心地よいです。苦境で立ち止まってしまった人のために、劇的ではありませんが一歩一歩着実な解決策が提示されていて、心強く頼りになると思います。


スポンサーサイト

[ 2010/07/31 22:51 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/182-14f4c683