2010年07月20日(火)

マンガで分かる心療内科1 

マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)
著者:ゆうき ゆう
出版:少年画報社
発行:2010/05/12

評価〔B+〕 WEBでも紙でも雰囲気は変わらず
キーワード:心療内科、精神科、メンタルクリニック、ギャグ

このマンガで、この本が真面目に心療内科について扱う本だって、分かってもらえますかね…?(裏表紙より抜粋)


著者のサイトをご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。楽しく分かりやすく精神疾患について解説しているWEB漫画の書籍版です。

本書は長編漫画ではなく、1回ごとにテーマを設け、それについて登場人物である心内療と官越あすなの2人が解説していくスタイルになっています。各回7~9ページ程度で、時間をとらずに気軽に読めます。そして、WEB漫画でのギャグもそのままに、重い内容を扱っているとは思えないほど軽く明るいのが特徴です。

以前感想を書いた「メンヘラちゃん」もそうでしたが、うつや認知症など深刻な題材を分かりやすく、そして読んでもらえる形にするのは難しいことです。この軽さやくだらない笑いは、精神科や心療内科をよく知らない人々のためにあります。ギャグは、啓蒙のため、真面目にやっていると信じたい。(笑)

弱点は、解説が初歩の初歩で、おそらく患者が悩みを解消しようとして読んでも役にたたなそうな点です。何も知らない人向けに書かれた本なので、仕方ありませんね。それと、ギャグ。笑いは合う合わないがあるので、読者によって評価は分かれるでしょう。

もし初めて読んだのであったなら、もう少し高評価だったのですが、すでに知っていて読んだことのある回もあるのでB+あたりで。それはそうと、この漫画、ヤングキングで連載してるそうです……連載しちゃうんだ、この酷さで。(笑)



スポンサーサイト

[ 2010/07/20 22:10 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/178-442b36f1