2010年09月01日(水)

2010年8月の読書メモ 

殺戮ゲームの館〈上〉〔B-〕
70億の針4〔A〕
ロボットとは何か――人の心を映す鏡〔S-〕
殺戮ゲームの館〈下〉〔B+〕
放課後プレイ1〔B〕
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~〔A-〕
生徒会役員共4〔B〕

以上7冊でした。7月に続いてC以下がなくて順調です。新書は1冊だけだったのか。もっと読んだような気がしたんですが。

で、その1冊「ロボットとは何か」がS-。どちらかと言うと、知識よりも好奇心を満たしてくれた満足感が大きかったのが、高評価の決め手でした。予想よりもまだまだ未知のことが多く、また、哲学的な問題を含んでいる点が面白かったです。

8月は、近所の人から2冊借りて読みました。湊かなえの文庫版「告白」と、今野敏の「ST 警視庁科学特捜班」です。評価はA-とBくらいかな~。前者のように、次々に視点が変わって全体像が見えていく形式が好きなんですよ。

読みたい漫画が多いけれど、漫画だけに偏らないように注意していこうと思っています。



スポンサーサイト

[ 2010/09/01 21:30 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/177-09ee541c