2010年06月09日(水)

エンマ6 

エンマ(6) (ライバルコミックス)エンマ(6) (ライバルコミックス)
著者:ののやま さき
出版:講談社
発行:2010/04/30

評価〔B-〕 なんかアケメネス王の迫力がすごかった
キーワード:オムニバス、シリアス

「お前…、本当にエンマか?」(本文より抜粋)


この世のためあの世のため、今日も明日も骨を抜く紙人形漫画の6巻です。もう6巻。月刊誌連載ってこんなに刊行ペースが早かったっけ?

この巻ではエンマにある重要な出来事が起き、それによってエンマに変化があらわれます。それとともに、この漫画の雰囲気も徐々に変わっていきそうです。エンマ自身の話がどう絡んでいくのか。また、6巻にして初の前後編のエピソードがでました。以前から数話続く話があればいいなと思っていただけに、素直に嬉しいです。1話完結の時とあまり変わらないような感じでしたけれどね。

相変わらず地域も時代も変化に富んでいて良いです。しかし、各話の質は当初と変わらないと思うのですが、だんだん慣れてきたせいか展開が読めてしまうことがあり、少々残念です。

そういえばエンマの次回告知はいつもながら上手いですね。興味をそそる見せ方だ。次回告知を見るに、次もなかなか面白そうです。


スポンサーサイト

[ 2010/06/09 21:57 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/170-876d58af