2010年05月28日(金)

鬼燈の島4 

鬼燈の島~ホオズキノシマ 4 (ヤングガンガンコミックス)鬼燈の島~ホオズキノシマ 4 (ヤングガンガンコミックス)
著者:三部 けい
出版:スクウェア・エニックス
発行:2009/09/25

評価〔C+〕 どんでん返しが欲しかった。
キーワード:シリアス、サスペンス、ホラー、ミステリー

ウソなんかついてなかった。だとすると…(本文より抜粋)


少年少女の逃走劇もついに最終巻です。シュウの主張が正しいのか、それとも違った裏があるのか、ホオズキ学園で起きた出来事が明らかになります。

3巻からの引きで心とユキノの言い争いの場面から始まりますが、両者の言い分も理解でき、ここが読んでいて1番盛り上がる場面だと思います。そこから一気に事件は終わりへと収束するのですが、読書メーターの感想でも多く書かれていたように、だいぶあっさりしていて少々物足りませんでした。残念。文字の部屋の謎も、納得いくようないかないような感じでしたし。

巻末には2・3巻同様、短編漫画が収録されています。今度はユキノ先生の中学時代の話です。なんか、短編のほうがまとまりが良いような……。

シリーズを通して、不安感を煽るサスペンスとしては楽しませてもらいましたが、謎解きミステリーとしては、意外性はあまりなかったと思います。しかし、「カミヤドリ」に比べて、娯楽性に重点を置いた作品でした。さて、次はどのような物語を描いてくれるのでしょうか。



スポンサーサイト

[ 2010/05/28 21:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/167-a3b54372