2010年05月07日(金)

空の下屋根の中1 

空の下屋根の中 (1) (まんがタイムKRコミックス)空の下屋根の中 (1) (まんがタイムKRコミックス)
著者:双見 酔
出版:芳文社
発行:2009/07/27

評価〔B〕 厳密にはニート漫画ではありません
キーワード:4コマ、ニート、無職、現代

本当にヒマなのが悔しい……。(本文より抜粋)


高校卒業後、なりゆきでニートになってしまった無職少女・笹川香奈絵の物語です。ニートが主役だと知って興味を持ちました。僕の買ったものには帯がついていませんでしたが、それには『今日もやることがない。』『職ナシ、資格ナシ、やる気は…あったりなかったり』とあるらしいです。RPG風に言うと無職レベル1からスタートです。

序盤は予想通りと言いますか期待通りと言いますか、なかなかの暇人っぷりを披露してくれますが、友人の働いている姿や周囲の声に刺激され、就職活動を始めます。主役の香奈絵は、情熱的ではありませんがそれなりに向上心のある少女です。ニートを知らない人が想像しているような人物像とは違って、だらけたり前向きになったりと、かなり現実味があると思います。

巻頭と幕間にもう1つメタな漫画がありますが、こちらは本当に働きたくないニート男性のお話。本編に比べると、うーん、なんと表現したものか……こちらのほうがギャグっぽいです。

全体的に表紙の雰囲気そのままの、穏やかでゆったりとした無職の若者の日常と言った感じです。笑いに偏りすぎず、でもシリアスになり過ぎずと、上手くバランスが取れた漫画です。



スポンサーサイト

[ 2010/05/07 22:21 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/163-bdad5cb1