2010年04月28日(水)

メンヘラちゃん 

メンヘラちゃん

著者:琴葉とこ
サイト:K.
完結:2010/03/14

評価〔S〕 このテーマをここまで描けるとは……
キーワード:鬱、精神病、ギャグ、4コマ

僕には女の子の友達が2人います。(第1話より抜粋)


今まで感想文は入手して読み終わった本だけにしていたのですが、このWEB漫画を読んですごく感想を残して置きたくなったので、書き記すことにしました。

「メンヘラちゃん」は、琴葉とこさんが運営するサイト「K.」で公開されているWEB漫画です。その存在を知ったのは、たまごまごごはんで紹介しているのを読んでからです。とにかく絶賛している、しかも読もうと思えばすぐ読めるWEB漫画。興味を持ったので、早速読みました。

簡単に説明しますと、鬱っぽいメンヘラちゃん、普通の男子のけんこうくん、体の弱い病弱ちゃん、の3人が喋ったり遊んだり悩んだりする4コマコメディです。全107話。絵柄は可愛らしい感じ。メンヘラちゃんが暗いぶん、病弱ちゃんがこれでもかというくらい明るいので、調和が取れているように感じます。

特徴はなんと言っても鬱をメインに取り扱っている点です。前半は、暗くなりがちな題材をブラックジョークとして楽しませてくれます。間違うと不謹慎になりそうですが、その加減が上手いです。後半は、一転して鬱の辛いこと・嫌なことを、真剣に正面から描いています。息抜きにギャグを交えながらとはいえ、強烈です。

鬱病にかかった経験のある僕は、ギャグに笑うことができる反面、辛い心情も思い出したりもしました。例えばちょっとした出来事、50話の「うつぶる」なんて今でも良く思っていることだけに、共感しました。そして、不安や絶望など負の感情表現が凄く、非常に心が揺さぶられました。絵の訴える力は強いです。これ、描くほうも相当気合を入れて描いたんじゃないのかな。きちんと最終話まで描ききったのは立派で素晴らしいです。

さて。鬱っていまいち良く分からない、文章で説明されてもピンと来ないと思っている方も多いかと思います。そんなときには、是非この漫画を読むことが理解の助けになるでしょう。じっくり読んでもらいたいです。最終話のメンヘラの独白が実に良かった。色々思い出してしまったし、重要なことを再確認したWEB漫画でした。




スポンサーサイト

[ 2010/04/28 21:32 ] WEB漫画・同人漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/160-cb4b597d