2010年03月30日(火)

ACONY1 

ACONY(1) (アフタヌーンKC)ACONY(1) (アフタヌーンKC)
著者:冬目 景
出版:講談社
発行:2009/03/23

評価〔B-〕 ホラーっぽい設定のわりにのんびりしてます
キーワード:現代、ホラー風味、不思議少女

………………明らかに普通じゃないのに、たまに普通っぽい事いうこの子。このヘンな女の子との距離をどう測ったらいいものだろう……。(本文より抜粋)


13歳の少年・空木基海が、引っ越してきたアパートで不思議少女・アコニーと出会う場面から話は始まります。表紙はどことなく怖そうなイメージで、古いアパート・幽霊・ゾンビなどが絡む不気味な設定ですが、実際は穏やかでコミカルな雰囲気です。著者の他の作品で例えるなら、設定は「羊のうた」よりで、全体的には「イエスタデイをうたって」に近いかな。

本当に普通の少年である基海に比べて、不思議ちゃんと評されたアコニーは、歳相応に(?)喜怒哀楽が豊かで魅力的です。著者は友達少なそうな登場人物を魅力的に描くのが上手いよね。

物語の核心になかなか近づかず、早い展開を望む人にはまったく不向きですが、のんびりまったりとした空気を楽しめる人には気に入ってもらえると思います。うーん、イエスタデイ6巻より先に違うシリーズに手を出してしまった。どちらを優先しようかな。



スポンサーサイト

[ 2010/03/30 21:35 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/149-f58b0f6a