2010年02月27日(土)

スプライトシュピーゲル II Seven Angels Coming 

スプライトシュピーゲル II Seven Angels Coming (2) (富士見ファンタジア文庫 136-9)スプライトシュピーゲル II Seven Angels Coming (2) (富士見ファンタジア文庫 136-9)
著者:冲方 丁
出版:富士見書房
発行:2007/07

評価〔B〕 派手な戦闘シーンがいいね。
キーワード:ライトノベル、SF、シュピーゲルシリーズ

「“七位の天使が七つの角笛を与えられ地を訪れる”……二十時間前に暗号解読された、最初のキーワードです。」(本文より抜粋)


公安高機動隊(通称MSS)の空飛ぶ特甲児童3人を軸に描かれる物語の続編です。前回は人物紹介も兼ねた短編・中編でしたが、今回は1冊使った長編です。ミリオポリスに突如人工衛星が落ちてきます。直後に発生した暗号メッセージ“第一の天使が角笛を吹いた”。首謀者は誰なのか?目的は何なのか? 衛星落下は都市の命運を左右する大事件へと発展していきます。

登場人物が多いのとスピード重視で読んでいるせいか、キャラの容姿・性格・地位が結構混乱します。よく失念するのが雛の武器である爆雷と火炎放射器。また、MSS長官である金髪才媛のヘルガと黒髪クールビューティーの副官ニナもなぜかよく勘違いしていましたが、ようやく頭に定着してきました。

行方不明中の螢と皇もMSSから隠れるように行動中。そのうち表舞台にでてくるのでしょうか。また、オイレンの主役である憲兵隊の特甲児童たちも、ついにスプライトに登場します。とはいってもほんの少しですが。彼女達が、これからどのように共闘していくのか楽しみです。この巻ではCIAのターナー次官補が良い感じ。不気味だ。彼がトラクルと話すシーンは印象に残りました。

一筋縄でいかない相手も巨大タワーでのラストも良かったです。暴力的なのでアニメ化は難しいと思いますが、映像化したらさぞかし映えるだろうなと思わざるを得ませんでした。オイレンの2巻では異なる視点で同じ事件を追っているそうなので、それを読むとまた違う感想になりそうです。



スポンサーサイト

[ 2010/02/27 10:43 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/138-2a4802a1