FC2ブログ







2020年05月09日(土)

神様ドォルズ 12 〔完〕 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2013/4/19

評価〔B+〕 予想以上にスパッと終わりました。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「決着は、つけなくちゃならない。」(本文より抜粋)


最終巻らしく案山子が派手に暴れまわります。概ね予想通り戦っていて、初めからこれで決着つければすぐ終わりそうだと思ってしまうくらいの勢いでした。2人の対決を遠くから眺める紫音の感想が、なんか場違いのようだけど合っていて理解できます。

あの人物の「それなりに満足」「ザマミロだ」という台詞が印象に残りました。

村に帰ってきた後、あれだけ人を多く出したのにも関わらずみんな深く掘り下げられることもなく終わってしまったのは残念です。もう2、3巻あったら、他の隻たちの日常や事件も描かれ印象も変わったことでしょう。

最終話(72話)の冒頭に起きた出来事は意外でした。すんなり終わりそうだっただけに。でもまあ、あやふやでなくきちんと幕は下りたので良かったのではないでしょうか。


スポンサーサイト




[ 2020/05/09 11:23 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1360-4fa54da0