FC2ブログ







2020年04月29日(水)

見晴らしのいい密室 



著者:小林 泰三
発売日: 2013/3/22

評価〔C+〕 合うのと合わないものの差が大きい。
キーワード:SF、短編集、時間旅行、仮想空間、

「やはり敵は目に見えない侵略者なんですか?」(忘却の侵略より抜粋)


表題作をはじめ、全部で7つの短編からなる短編集です。本書は注意点があります。著者の既刊「目を擦る女」の3編を他の3編と入れ替えたものなので、「目を擦る女」を既読の方はその点を考慮して読んでください。

分かりやすい物語よりも思考実験のようなややこしい論理の物語のほうが多いです。軸となるアイディアはなかなか面白くて、短編ではなく長編で読んでみたいものもありました。「忘却の侵略」は分かりやすくてオチも好みです。「予め決定されている明日」の世界設定もよく考えつくなあと感心してしまいます。

また、よくあるSFに限らずサスペンスホラーやミステリもあり、幅広い意味でSFと呼べそうなものを詰め込んだのかもしれません。重々しいものやライトノベルのように軽いものもあり、読者はどれかしらは好みのものがありそうです。

「探偵助手」は挿絵がQRコードになっていますので、何か読み込める機器を用意して読んでください。他の人の書評を見るまでQRコードなしでも理解できると思っていましたが、最後のオチがそれでないと読めないので必須でした。

アイディアは良いのですが論理が分かりづらく、読み返すことが多々ありました。結末がすっきりしないものもあり、全体的にそれほど好みではなかったかな。部分的には好きなところはありますけど。後でまた読んだら感想が変わりそうな本です。


スポンサーサイト




[ 2020/04/29 20:44 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1357-e8cc8550