FC2ブログ







2020年04月25日(土)

ファンタジスタドール イヴ 



著者:野崎まど
発売日: 2013/9/20

評価〔B+〕 こういうのも書くんですね。
キーワード:近未来、SF、

そうして溜まった欲求は、捌け口を求めて、私を少し病的なまでに、サイエンスの思考へと向かわせた。(第三の力より抜粋)


一人の科学者がどのように育ち、どのように科学の道へと進んでいくのかを一人称で描く近未来の物語。アニメ「ファンタジスタドール」の前日譚です。

まずアニメ本編を見ていなくても、本書だけでも十分楽しめます。ただし、未来の技術や世界を扱いながらも主人公・大兄(おおえ)の個人的な欲望とともに語るので、好き嫌いがはっきり分かれそうです。SFの部分だけ取り出せばよくありそうですけど、彼の心情の揺れが苛烈で印象に残ります。

あとがきという名のエピローグでご婦人が最後に言った言葉を見た瞬間、やはりそうだよなと腑に落ちました。なんかモヤモヤとした感覚を抱えつつ読んでいた気分をしっかり言語化してくれてすっきりしました。

読後、ちょっと興味があったのでアニメを調べてみたら可愛らしい雰囲気で、本書の堅苦しい感じは全然なくて驚きました。


スポンサーサイト




[ 2020/04/25 20:48 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1355-0d86883a